白馬 Hakuba

210303 05:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Low

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

北西~北の風の風下斜面

概要

雪崩 Avalanche

昨日(3月2日)は降雨など荒天のため、山岳エリアでの観察情報はありません。

積雪 Snowpack

昨日(3月2日)は昼過ぎを中心にまとまった降雨となり、積雪表面は十分に濡れました。気温の低下は夕方から始まりましたが、降雪は夜半に入ってからです。その量は白馬の谷の北側で多く、森林帯上部で15cm程度です。新雪と旧雪の境界面の情報は現時点でありません。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、後、晴れ、最高気温4℃(標高418m)を予報しています。アメダス白馬(標高703m)にて気温-4.3℃(5時現在)、12時間で3cmの降雪がありました。

行動への助言

標高帯でコンディションがかなり変わる日です。夜半からの降雪で形成したストームスラブに警戒してください。標高によって降雨から降雪に変わる時間帯が異なりますので、その境界面の状態も違っていることを念頭にコンディション判断をする必要があります。また、アルパインではスラブを形成するにちょうど良い(私たちにとっても悪い)強さの北西の風が吹いています。主稜線から森林限界付近までの標高帯では、風による堆積のバラツキにも注意してください。雪が溜まっているところは、滑りたい場所になるでしょうが、同時に、今日は不確実性の高い場所でもあります。雪崩安全対策に最も有効な手段は「斜度を落とすこと」です。斜面の下方に「地形の罠」のない、シンプルかつやや傾斜を落とした斜面であれば、気持ち良い新雪を安全に滑走できるでしょう。地形を上手に使ったグループマネジメントで、良い一日を。