白馬 Hakuba

210304 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair 日中の昇温と日射の影響に注意
森林帯 Below Treeline Fair 日中の昇温と日射の影響に注意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪点発生雪崩 Wet Loose snow

日中の昇温と日射の影響が強い急斜面に注意

概要

雪崩 Avalanche

昨日(3月3日)は山岳域に入る人が少なく、真新しい情報は入っていません。

積雪 Snowpack

降雨で濡れたあるいは硬く凍結した層の上に、昨日昼頃までの降雪が載っています。その量は森林帯上部で10-30cm程度と幅があります。昨日の時点で標高が低い場所では、新雪と旧雪の境界面に顕著な脆弱性は観察されていませんが、標高の高い場所では不確実性が高い状態です。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、南の風、晴れ、昼過ぎから、くもり、最高気温13℃(標高418m)を予報しています。アメダス白馬(標高703m)にて気温-5.7℃(5時現在)です。

行動への助言

日中の雪の変化に注意してください。大幅な昇温が予報されており、好天による強い日射を浴びる急斜面では、素早く雪は不安定となります。標高の低い場所では、濡れた雪による点発生、標高の高いところでは、硬いスラブも軟化し、誘発がしやすくなります。南に面した凸状の孤立した地形などは避けてください。北側には良い雪がありますが、斜面の下方に「地形の罠」がないかを確認を。走路内にある樹木も地形の罠の一つです。発生する雪崩が小さくとも、流れる雪と共に樹木に激突すれば重大な結末となります。昨日までの降雪がグライドクラックを隠している場所があります。新雪の下に何が隠れているかを想像するように。地形を賢く使ったグループマネジメントで、良い一日を。