妙高 Myoko

210313 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(3月12日)は山岳域に入った人が少なく、真新しい雪崩の報告はありませんでした。

積雪 Snowpack

山麓では夜間も継続してプラスの気温が継続しており、融雪が進んでいます。標高を上げた場所では融解凍結の春のプロセスにあります。昨晩からの降雨・降雪は僅かで、その影響は少ない状態です。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、やや強く、後、西の風、やや強く、くもり、時々、雨、最高気温16℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温1℃(5時現在)、過去12時間で2cmの降雪がありました。

行動への助言

標高の低いところでは全層雪崩に警戒してください。既にグライドクラックの入った斜面には近づかないように。止まるとき、休憩するときなどは、必ず、自分の上方を見上げ、グライドクラックだけでなく、落ち残りの雪ブロックがないかの確認が必要です。標高の高いところは降雪ですが、その量については不確実性が高い状況です。スラブを形成しやすい高めの気温、硬い滑り面などの条件が重なっていますので、斜度が十分にあれば、誘発しうる状況と考えてください。天候はこの後、冬型に移行するため、風雪は強まります。それを考慮した行動計画を。