妙高 Myoko

210315 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Fair 日中の昇温と日射の影響に留意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(3月14日)は昇温と日射の影響の強い場所で、size 1の濡れた雪の点発生雪崩あるいはスノーボールが観察されました。

積雪 Snowpack

標高の高い場所は、継続的に吹いた西寄りの風の影響を大きく受けており、以前の硬い雪面が露出しています。一方、標高の低いところでは融雪が進んでおり、グライドクラックの入った斜面などに警戒が必要が状況です。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、晴れ、朝晩、くもり、所により、朝まで雨、最高気温12℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-2℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

アルパインエリアでは地形局所に形成したウインドスラブと、硬い雪面による滑落に警戒してください。一方、標高が低いところでは、日中の昇温と日射の影響による積雪強度の低下に伴う全層雪崩に注意を。既にグライドクラックの入っている斜面には近づかない、また、その下部を通過する際は、滞留せず、素早く移動するようにしてください。こうした融雪期の雪はとても重いため、小さい雪ブロックが当たるだけで、大きな怪我になりえます。朝は硬い雪面も、斜面と標高を選べば、快適なスプリングスノーを楽しめる時間帯があります。原則的なグループマネジメントを大切つにしつつ、良い一日を。