妙高 Myoko

210321 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair 昇温と降雨の影響に留意
森林限界 Treeline Fair 昇温と降雨の影響に留意
森林帯 Below Treeline Fair 昇温と降雨の影響に留意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪点発生雪崩 Wet Loose snow

昇温と降雨の影響に注意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(3月20日)は森林帯にて雪ブロックの崩落などが観察されています。

積雪 Snowpack

昨日(3月20日)は春の一日となりました。風も弱く大幅な昇温もあり、標高の低いところでは融雪が進んでいます。この高い気温は夜間も継続しつつ、降雨も始まりました。グライドクラックが入った斜面では、その割れ目から雨が侵入し、積雪底部の融解を進めていますので、強度が大きく低下していると考えることが必要です。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、やや強く、後、西の風、雨、時々、くもり、最高気温21℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温6℃(5時現在)です。アメダス関山(標高350m)にて昨晩からの香水は2mmです。

行動への助言

南西の風を伴いながら降雨となっています。既にグライドクラックや雪シワが入った斜面では、標高の高いところまで全層雪崩の危険性は上昇していますので、十分な警戒が必要です。また、濡れた雪はとても重いため、小さい点発生雪崩であっても、簡単に足元をすくいます。自分の下方に「地形の罠」がないか、よく観察してください。