白馬 Hakuba

190131 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(30日)は、過去24時間以内に発生したと思われるサイズ1.5-2の面発生雪崩の跡が、アルパインエリアにて、多数観察されました。真新しい雪崩については、発生報告はありませんでした。

積雪 Snowpack

28日昼から29日朝までのまとまった降雪(60cmほど)は、十分に沈降し、不安定性は解消してきています。また、森林限界から標高の高い区域では、極めて強い西風によって、この荒天の雪は激しく移動し、ウインドスラブを地形的な局所に形成しています。風が当たる斜面では、以前の硬い雪面が露出しているところ多々あります。

天候 Weather

標高1250mにて過去12時間で新たな降雪はありません。白馬山麓(標高700m)で気温-8℃(5時現在)です。気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、昼過ぎから雪、最高気温-6.1℃(標高400m)を予報しています。

行動への助言

孤立した地形にある不安定な雪に注意してください。小さい雪崩であっても、「地形の罠」があると被害が拡大します。自分の滑りたい斜面の先に、そのような要素がないか、確認してください。前線の接近に伴い、降雪が予報されています。その降雪量によって、雪崩危険度は朝の時点から上昇しますので、雪の振り方と風向・風速に注意を払うようにしてください。