白馬 Hakuba

190202 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(2月1日)は、朝までに形成した新しいウインドスラブが人の刺激に敏感に反応し、サイズ1-1.5の雪崩が北東~東側の斜面で複数報告されました。

積雪 Snowpack

1月31日から2月1日朝までの降雪は、森林帯上部で10-15 cm程度でしたが、強い西風の影響で東寄りの斜面にスラブが形成し、昨日(2月1日)は、それが人の刺激に敏感に反応していました。その後、この表層の雪は沈降を進めています。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、晴れ、朝晩、くもり、所により朝まで雪、最高気温5℃(標高400m)を予報しています。過去12時間で新たな降雪はありません。白馬山麓(標高700m)にて気温-3.4℃(6時現在)です。

行動への助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。標高が高い場所では、昨日から継続して強い西風が吹いており、雪を激しく移動させています。孤立した地形や支尾根側面の下支えのない地形、大きな凸状斜面など、他の場所よりも積雪が不安定になりやすい地形に形成しているウインドスラブに警戒してください。天気は回復の予報が出ています。風の影響がなく、「地形の罠」のない、安全度の高い斜面を選べば、快適な滑走ができるでしょう。良い一日を。