白馬 Hakuba

181231 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

稜線・枝尾根直下の風下斜面に注意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

サポートの無い急斜面に注意

概要

雪崩 Avalanche

昨日は、天候が悪く,山岳利用者が少なかったうえに、視界も悪く観察が限定的で、報告は入っていない。

積雪 Snowpack

27日からの降雪は樹林帯でも70−140cmの積雪をもたらした。この新たな積雪は、融解凍結層もしくは濡れたザラメの上に載っているのだが、その結合に不安要素があることが報告されている。また、新雪層内にも複数の不安要素が報告されている。30日はスキー場上部のリフトが止まるほどの風(北~西向き)が終日吹いた結果として、雪が再分配され、風下斜面にウインドスラブを形成した。沈降は緩やかに進行している。

天候 Weather

午前6時現在標高700で、気温-6.4℃。気象庁は、冬型の気圧配置は次第に緩み、高気圧に覆われますが、寒気の影響を受ける見込みです。このため、北部では曇りで夕方から晴れますが、雪の降る所があると予報している。最高気温2℃(標高400m)。

行動への助言

危険な雪崩コンディションは継続していますので、スキー場の利用をお勧めします。待ちに待った天候回復ですが、落ち着いて行動しましょう。山岳地へ出かける方は、傾斜の緩い斜面、サポートさている小さな斜面からの利用をお勧めします。常に自分たちが居る場所が安全かどうか判断して下さい。特に同じ場所に長い時間滞在する休憩時、トラジション時は、慎重に。一見埋まったかに見える沢もここ数日の雪でカバーされているだけのこともあります。 また、自分たちだけで無く、他のパーティの動きにも気を配る余裕が欲しい所です。皆で、良い年越しを。 今年も一年JANの活動をサポートして下さり、ありがとうございました。来年も引き続き、よろしくお願いいたします。