白馬 Hakuba

190302 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(1日)は真新しい雪崩は観察報告されていません。しかし、近接するエリアの標高がとても低いところでは、昨日、サイズ1.5の全層雪崩などが観察されており、白馬山域においても標高が低いところでは、同様の傾向にあると考えることが必要です。

積雪 Snowpack

森林帯の日射の影響がある斜面、あるいは標高が低いところでは、積雪は春の融解凍結サイクルに入っています。朝、雪面は硬く凍結していても、日中には昇温と日射の影響で、雪面の雪は緩んだ状態となっています。標高を上げると、雪はまだドライですが、以前の降雨による硬い融解凍結層が露出しており、その上に載る快適な雪は薄いところが多くなっています。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、晴れ、朝晩、くもり、最高気温9℃(標高400m)を予報しています。白馬山麓(標高700m)では気温-2.5℃(6時現在)、新たな降雪はありません。

行動への助言

標高の高いところでは、以前の硬い融解凍結層が露出、あるいは薄い積雪の下に隠れているところが多くあります。滑落に十分に注意してください。朝は硬く凍結していても、昇温と日射の影響で日中には快適な滑走ができる斜面もあります。斜面選択とその時間帯を考えるようにしてください。一方、標高が低いところでは、全層雪崩の危険が継続しています。誘発の可能性は低くとも、濡れた雪は極めて重いため、小さい雪崩でも重大な結末となります。グライドクラックが開いた斜面、あるいは落ち残りの雪ブロックがある斜面には近づかないようにしてください。もし、そのようなところの下方を通過しなければならない時は、間隔を開けるなど原則的な行動様式を大切に。良い一日を。