白馬 Hakuba

190310 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪面発生雪崩 Wet slab

日中の昇温と日射で危険度は上昇

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(9日)は、標高1800m付近にて、8日夜から9日朝までの間に自然発生したと思われるサイズ2の面発生雪崩が観察報告されています。また、日中の昇温と日射の影響で、多数の濡れた雪の点発生雪崩(サイズ1程度)が観察されました。

積雪 Snowpack

7日から8日朝にかけて降った雪は、北側でも沈降を進め、特に、森林限界から標高の低い、南側の斜面では、なかり濡れた状態となりました。森林限界から上部の局所には、人の刺激に反応しうる弱さの雪が残っている可能性が高いため、極端な地形形状など、より誘発しやすい場所には注意が必要です。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、南の風、くもり、夜、雨、最高気温15℃(標高400m)を予報しています。白馬山麓(標高700m)にて気温-3.2℃(6時現在)、過去24時間で新たな降雪はありません。昨日(9日)は、山麓で最高気温13℃(15時)を記録していますが、それ以上の昇温が予報されています。

行動への助言

森林限界から上部においては、北側の斜面の局所に残る「荒天の不安定性」に注意してください。極端な凸状あるいは孤立した地形など、周囲と比べ、積雪がより不安定になりやす局所では、8日に多数の誘発雪崩を起こした不安定性が完全に解消せずに残っている可能性があります。積雪を地形が支えるシンプルな斜面であれば、安全にかつ楽しく滑走できるはずです。また、本日も大幅な昇温が予報されていますので、日中の雪の変化に気をつけてください。濡れた雪はとても重いため、たとえ小さくとも、簡単に足元を掬います。そこに「地形の罠」などが組み合わされば、重大な結末となります。今、自分がどのような場所にいるのか、地形をよく観察・評価してください。天候はゆっくり下り坂です。良い一日を。