白馬 Hakuba

190327 06:15

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(26日)は、真新しい雪崩の観察報告は入っていません。

積雪 Snowpack

森林帯は、日中の昇温と日射で融解し、午後遅くから凍結していく春のサイクルに入っています。昨晩、標高の高いところで多少降雪があったようですが、昨日の時点で、それ以前の雪には大きな問題は確認されていません。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、後、南の風、やや強く晴れ、夕方から、くもり、所により夜、雨か雪、最高気温16℃(標高400m)を予報しています。白馬山麓(標高700m)にて気温-1.9℃(6時現在)です。

行動への助言

アルパインエリアでは、昨晩、降雪が多少あったようですので、その雪によるウインドスラブに注意してください。以前の硬い融解凍結クラストが露出しているところも多いので、滑落にも注意を。森林帯上部の日射を浴びる斜面では、日中に雪が緩めば快適なザラメ雪での滑走ができます。その際は、斜面の先に「地形の罠」がないか注意してください。濡れた雪は重たいため、小さいものでも転倒してしまえば、重大な結果を招きます。麓で融雪が進んでいます。落ち残りの雪ブロックや沢割れなど、自分の上方と下方に気をつける必要があります。良い一日を。