白馬 Hakuba

200103 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline
森林帯 Below Treeline

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(2日)は標高1600m付近、南東斜面にて、サイズ1の雪崩がスキーカットにて発生しています。典型的なウインドスラブによる雪崩です。

積雪 Snowpack

アルパインでは最近の降雪はゆっくりと沈降を進めており、風の影響のないところでは良いコンディションにあります。一方、風の影響が強いところでは、積雪表層の雪は移動し、風下側にウインドスラブを形成しています。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、南の風、くもり、時々、晴れ、最高気温7℃(標高400m)を予報しています。白馬山麓(標高700m)にて気温-0.9℃(5時現在)、標高1000m付近まででは新しい降雪は観察されていません。

行動への助言

例年に比べ、積雪量がまだとても少ない状態です。標高を上げ、雪がよく付いているところを探していると、そこにはウインドスラブが形成しているケースがよくあります。傾斜に注意を払い、発生区となりうるか認識するようにしてください。