白馬 Hakuba

200117 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Good 藪が濃いため限定的な場所にて

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(17日)は新しい雪崩の観察報告はありません。

積雪 Snowpack

15日の午後までにあった降雪は、森林帯付近では、ゆっくりと沈降を進めています。そして、風の影響の強い場所では、北西および昨日午後からの南西の風によってウインドスラブが形成しています。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、最高気温6℃(標高400 m)を予報しています。白馬山麓(標高700 m)にて気温-4.3℃(5時現在)、新たな降雪はありません。

行動への助言

特定の地形形状で雪崩コンディションが高い日です。ウインドスラブの形成が疑われる場所と、凸状あるいは孤立した地形の組み合わせに注意してください。発生する雪崩が小さくとも、深い沢や崖、障害物(岩や樹林など)が斜面内にあれば、その結末は重大なものとなります。また、アルパインの大きな斜面においては、風による削剥(シュカブラなど)を受けていない綺麗な斜面を探すことは、同時に、ウインドスラブの形成が疑われる場所を探していることを忘れないでください。大きな斜面の真ん中の一部のみ、そのようなスラブが形成していることもあります。安全対策で有効な方法は斜度を落とすことです。風の影響の弱いところでは雪はドライで良いコンディションにあります。良い一日を。