白馬 Hakuba

200122 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

森林帯は限定的な場所のみ

概要

雪崩 Avalanche

昨日(21日)は多数のシューティングクラックが観察されました。また、スキーカットによるストームスラブ(サイズ1)の雪崩も報告されています。

積雪 Snowpack

森林帯上部において、昨日未明からの降雪は夕方までに40 cm程度となりました。風を伴う強い降雪により、急激に発達したスラブがスキーカットなどに敏感に反応していました。昨日夕方には降雪は収まり、標高が低いところではゆっくりと沈降を進めています。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、南の風、晴れ、時々くもり、最高気温8℃(標高400 m)を予報しています。白馬山麓(標高700 m)にて気温-9.7℃(5時現在)です。標高1,300 m付近にて昨晩の降雪はありません。

行動への助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。昨日、敏感に反応していた降雪に伴うスラブの不安定性が残っている場所に注意を払う必要があります。孤立した地形や積雪を支えくい大きな凸状地形などを避けてください。好天に誘われ、大きな斜面にいきなり飛び込む日ではありません。まずは小さく、地形の罠のないシンプルな斜面にて、積雪コンディションを確認しながら滑走してください。風の影響の弱い場所を探せば、快適な滑走が楽しめるでしょう。また、日射と昇温の影響を受ける急斜面では、日中のスラブの硬度の変化に警戒を。朝の時点では硬く反応がなかったスラブが昼に反応することは普通にあります。森林帯はまだ積雪が十分とは言えません。隠れている障害物に注意しながらの滑走が必要です。良い一日を。