妙高 Myoko

200202 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(1日)は真新しい雪崩の報告は入っていません。山域が異なりますが、乗鞍岳(松本市)の標高2,600 m付近にて、ウインドスラブと思われる雪崩インシデントがありました。

積雪 Snowpack

荒天の雪は沈降を進めており、標高の高いところでは、強い北西の風でウンドスラブが形成しています。標高が下がるにつれて急激に積雪量が減るため、森林帯では特に、沢底の穴やブッシュなど、多様な危険が露出しています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、後、南の風、くもり、所により、昼前まで雪か雨、最高気温8℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温-6℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

アルパインエリアなど、標高が高く、風の影響の強い場所では、ウインドスラブの危険が継続しています。凸状や孤立した地形を避け、出来たての雪庇直下の斜面などに入り込まないようにすることが大切です。雪はとても重たいため、小さい雪崩であっても人を簡単に押し流します。そこに「地形の罠」が組み合わされば、重大な結末となりえます。また、新雪の下には以前の昇温や降雨で形成した硬い凸凹が隠れている可能性があることを忘れずに。良い一日を。