妙高 Myoko

200204 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(4日)は真新しい雪崩の観察報告はありません。標高が低いところでは、日中の昇温と日射により、多数のスノーボールが観察されています。

積雪 Snowpack

荒天の雪は沈降し、標高の高いところではウインドスラブが形成しています。昨日の昇温と日射の影響で南寄りの斜面では雪面が融解し、スノーボールなどが発生していますが、北側はまだドライなままにあります。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、雪か雨、昼過ぎから因るのはじめ頃、くもり、最高気温8℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温-5℃(5時現在)、過去24時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

標高を上げる方は、特定の地形に形成したウインドスラブに注意してください。降雪量がわずかでも、積雪表層に乾いた雪があり、それが風で移動可能であれば、ウインドスラブは形成します。支尾根側面や孤立した地形など、局所にある不安定なスラブに警戒してください。小さい雪崩であっても、「地形の罠」が組み合わさることで重大な結末となります。