妙高 Myoko

200205 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(4日)は森林限界付近の風の影響のない斜面にて、スキーカットによって、サイズ1の点発生雪崩が複数、観察されています。また、隣の白馬山域ではアルパインエリアにてサイズ2のウインドスラブによる雪崩インシデントが発生しています。

積雪 Snowpack

昨日朝までの降雪は沈降を進めつつ、風下側にウインドスラブを形成しています。北側の雪はまだドライですが、標高の低い、日射を浴びる急斜面では、雪面は濡れ、スノーボールなどを発生させていました。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、後、北西の風やや強く、雪か雨、最高気温8℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温-5℃(6時現在)、過去24時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

特定の地形に形成しているウインドスラブに注意してください。降雪がなくとも、移動可能な雪が積雪表層にあればウインドスラブは形成しますし、その形成直後は極めて不安定な状態にあります。行動中、稜線から雪煙が上がっていないか、雪面の雪が移動していないかを気にすることは大切です。また、小さい雪崩でも「地形の罠」があれば、結末は重大なものとなります。昨日の白馬での雪崩インシデントは、斜面内に樹木があり、それが怪我につながっています。これも典型的な地形の罠です。夜には強い冬型となる予報がでています。今後の気象変化を考慮した行動計画を。