妙高 Myoko

200213 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪点発生雪崩 Wet Loose snow

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪面発生雪崩 Wet slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(12日)は、森林帯の日射と昇温の影響が強い斜面にて、濡れた雪の点発生雪崩(サイズ1~2)が観察されました。

積雪 Snowpack

昨日の時点で、荒天の雪は沈降し、標高が低く、昇温と日射の影響の強い斜面を中心に、積雪表層は濡れました。一方、森林帯上部でも北側の斜面では、雪はまだドライのままにありました。しかし、これらも本日未明からのまとまった降雨によって濡れたものとなっています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、後、西の風やや強く、くもり、時々、雨、最高気温17℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温3℃(5時現在)、未明より降雨が始まっています。

行動への助言

危険な雪崩コンディションです。積雪表層の浅い位置に以前の降雨による融解凍結層がある斜面では、そこが止水面となり、大規模な雪崩が発生しうるポテンシャルがあります。また、濡れた雪は、とても重いため、小さい点発生雪崩でも簡単に人を流します。林間でも雪崩は発生しうるコンディションにありますので、35度以上の傾斜がある場所では十分な警戒が必要です。天気予報では昼前に降雨は止まる予報が出ていますが、雪崩危険度はその後も継続するのが通常ですので、警戒を緩めないでください。今日はスキー場内での滑走か、頸城山域の良い温泉がおすすめの日です。