白馬 Hakuba

200302 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair 昇温に注意
森林帯 Below Treeline Fair 昇温に注意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

グライドクラックの開いているところに注意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

局所に残る不安定性

概要

雪崩 Avalanche

昨日(1日)は森林帯にて濡れた雪の雪崩(サイズ1)が多数観察されました。日中の昇温と日射の影響によるものです。

積雪 Snowpack

過去数日に渡って反応していた荒天の不安定性(25日の降雪が原因)は、不確実性はあるものの、北東を中心とする局所に残るのみとなっています。また、森林限界から標高が低いところでは、春のサイクルになっており、日中は昇温と日射で積雪表層が緩み、濡れた雪の点発生雪崩などが発生し、夜は再凍結をしています。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、南の風、後、北の風、くもり、夕方から晴れ、最高気温14℃(標高400 m)を予報しています。白馬山麓(標高700 m)にて気温1.0℃(5時現在)です。過去48時間、プラスの気温が続いています。また、標高1300 m付近にて、過去72時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

森林限界から下方は春の様相です。前日以上の昇温が予報されていますので、濡れた雪の雪崩に注意してください。既にグライドクラックが入っている斜面には、入らない・近づかないようにお願いします。濡れた雪は極めて重いため、とても小さい雪崩であっても簡単に怪我などの原因となります。標高を上げた北側には、まだ良い雪がありますが、以前から続いている不安定性は完全には解消していません。とても急な、極端な形状の地形などでは、まだ誘発しえますので、そのようなところは避けるようにしてください。