白馬 Hakuba

200305 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair 今後の降雪に注意
森林限界 Treeline Fair 今後の降雪に注意
森林帯 Below Treeline Fair 今後の降雪に注意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

標高が低く降雨となった区域

概要

雪崩 Avalanche

昨日(5日)は新しい雪崩の発生報告は入っていません。

積雪 Snowpack

滑走等で荒れた雪面が融解凍結を繰り返し、滑走しずらいところが多くなっています。そこに昨晩の多少の降雪が載っています。標高の高いところでは、未明から既に強い西風が吹き始めています。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、雪、時々、くもり、最高気温6℃(標高400 m)を予報しています。白馬山麓(標高700 m)にて気温0.4℃(5時現在)、標高1300 m付近にて5 cm程度の降雪がありました。

行動への助言

降雪量は少ないものの、新たに形成したウインドスラブに注意してください。特に斜面利用の少ない急斜面では、旧雪との結合状態に注意を払う必要があります。一方、麓では昨日からプラスの気温が続いており、弱い降雨もありました。全層雪崩の危険は継続していますので、グライドクラック等が入った斜面には入らないように。この後、冬型の気圧配置が強まり、荒天となる予報が出ています。それを考慮した行動計画を。