妙高 Myoko

200319 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair 日中の昇温と日射の影響を留意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪点発生雪崩 Wet Loose snow

評価は朝の時点でのもの。日中の大幅な昇温と日射の影響に注意。

概要

雪崩 Avalanche

昨日(18日)は標高の低いところで濡れた雪の点発生雪崩(サイズ1)が報告されています。また、白馬山域では荒天中の発生と思われる面発生雪崩(サイズ1.5~3)が複数、標高の高いところで観察報告されています。

積雪 Snowpack

過去数日内のまとまった降雪は沈降を進めています。一方、標高の低いところでは、昇温などの影響もあり、濡れた雪崩を発生させています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、後、西の風、強く、晴れ、夕方から、くもり、所により、夜遅く雨、最高気温21℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温0℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

標高と方位で異なった危険がある日です。アルパインエリアを中心に標高が高いところでは、新たに形成したウインドスラブに警戒してください。昨日、滑走して問題なかった斜面が、今日は危険な場所と変わっている可能性があります。滑走する斜面内に樹木などの障害物がないか確認してください。もし、樹木が走路内にあるならば、そこは「地形の罠」です。ごく小さい雪崩であっても重大な結末を招きます。一方、標高が低いところでは、昨日より大幅な昇温が予報されていますので、急激な雪の変化に気をつけてください。濡れた雪は重たいですので、とても小さくても侮らないように。天気はゆっくりと下り坂で、明日は荒天となる予報が出ています。それを考慮した行動計画を。