妙高 Myoko

200326 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair 日中の昇温と日射の影響に留意
森林帯 Below Treeline Fair 日中の昇温と日射の影響に留意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪点発生雪崩 Wet Loose snow

日中の昇温と日射の影響に留意

概要

雪崩 Avalanche

昨日(25日)は標高2,000 m以上の東側にてウインドスラブの雪崩(サイズ1 - 2)が複数、観察されました。また、標高の低いところではスノーボールが多数、観察されました。

積雪 Snowpack

荒天の雪は標高2,000 m付近で40 cm程度あり、昨日の晴天で急速に沈降を進めました。標高の高い場所では、強い西寄りの風の影響でウインドスラブが形成していました。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、日中、北の風、晴れ、最高気温17℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温-2℃(5時現在)、過去24時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

標高を上げる方は、極端な地形などに残っているウインドスラブの不安定性に注意してください。また、本日は前日より7℃も高い気温と弱い風が予報されています。日射と昇温の影響を強く受ける南側の斜面では、日中の雪の変化に注意してください。前日までの強風の影響で、尾根や風に叩かれる場所で硬い融解凍結層が露出しているところも多々あります。滑落など雪崩以外の危険にも警戒してください。安全な地形を上手に使った賢いグループマネジメントで、良い一日を。