妙高 Myoko

200330 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(29日)は森林帯上部から標高の高い場所にて、全方位でストームスラブあるいは点発生雪崩が観察されました。自然発生から誘発まであり、規模はサイズ1から1.5でした。

積雪 Snowpack

昨日は、低気圧の通過に伴う新雪層の全体が弱く、点発生雪崩が出ていました。また、表層部分の雪がスラブ化したところでは、面発生雪崩となっていました。この脆弱性は、本日も継続しています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、日中、北の風、くもり、夜、晴れ、最高気温12℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温-4℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

標高を上げた北側を中心に昨日と同じ不安定性が継続しています。雪面が薄くクラストしているような状態であっても、それで大丈夫とは判断しないでください。斜面が大きい場合、昨日以上の規模の雪崩が発生しうるポテンシャルがあります。また、不安定性の解消は標高・方位で速度が異なります。ある斜面で大丈夫だったからといって、短絡的に安心しないように。雪崩安全対策の最重要事項は「地形を選ぶ」です。地形が積雪を支え、走路内に障害物のない、シンプルな斜面を選んでください。安全な地形を使った上手なグループマネジメントで、良い一日を。