妙高 Myoko

210109 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(1月8日)はスキー場の安全管理にて、多数の点発生雪崩と複数の面発生雪崩が報告されています。

積雪 Snowpack

7日午後からの大量の降雪は低温でもあり、昨日は点発生あるいはソフトスラブの雪崩を発生させていました。降雪状況は、妙高山域の東側では小休止となっていますが、西側では降り続いています。

天候 Weather

気象庁は1月9日4時27分、妙高市の山沿いに対し、継続で大雪警報(12時間最大降雪量60cm)を発表。また、上越地方に対し、北の風、雪、最高気温-2℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-11℃(5時現在)、過去12時間の降雪量9cmです。

行動への助言

森林帯にいても、森の中にある発生区や走路に十分な警戒が必要な日です。自分の上方に発生区がないか考えてください。また、深い沢状や地形的な窪みなど、少量の雪でも深く埋没してしまう「地形の罠」に警戒してください。積雪表層がとても軟らかいこともあり、サイズ1の点発生雪崩でも埋没の危険があります。経験が浅い人にとって、ドライで深い雪を安全に楽しむには、スキー場が用意している新雪エリアがおすすめです。ゲレンデ内では滑走可能区域を守るようにしてください。