白馬 Hakuba

210110 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair 規模の大きな雪崩は発生しうる状態
森林帯 Below Treeline Good

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

乾雪点発生雪崩 Dry Loose snow

概要

雪崩 Avalanche

昨日(1月9日)はsize 1-1.5のストームスラブが複数、人的な刺激で発生しています。また、size 1の点発生雪崩も複数観察されています。

積雪 Snowpack

1月7日午後からの降雪は9日昼頃で峠を越え、森林帯での新雪の深さは80cm以上となりました。昨日午後には標高の低いところで日差しが少し入りましたが、低温かつ風も弱いため、積雪表層の雪の焼結はゆっくりとしか進んでいません。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、時々、晴れ、一時、雪、最高気温0℃(標高418m)を予報。また、4時26分に小谷村・白馬村・大町市に対して、継続で大雪注意報(12時間最大降雪量20cm)を10日12時までの期間で発表しています。アメダス白馬(標高703m)にて気温-7.3℃(5時現在)、過去12時間で新たな積雪深の増加はありません。

行動への助言

標高を上げる方はストームスラブの形成に特に注意してください。大きく急な地形の場合、誘発の時点では小さい雪崩であっても、流下する際に規模が拡大することが、しばしばあります。本日はそうした状況ですので、雪崩危険度は下がってきていますが、地形選択は慎重に。また、自分の上方にある大きな発生区の存在や、小さい雪崩でも深く埋没する可能性のある「地形の罠」などに警戒してください。地形を上手に使ったグループマネジメントで良い一日を。