妙高 Myoko

210110 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair 妙高山域の西側、沿岸寄りでは「4 高い(High)」
森林限界 Treeline Fair 妙高山域の西側、沿岸寄りでは「4 高い(High)」
森林帯 Below Treeline Fair 妙高山域の西側、沿岸寄りでは「4 高い(High)」

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

妙高山域の東側での評価

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

妙高山域の東側での評価

概要

雪崩 Avalanche

昨日(1月9日)はsize 1のストームスラブの雪崩が複数、観察されています。

積雪 Snowpack

妙高山域の東側と、沿岸に近い西側で降雪量が極端に異なる状態となっています。東側では降雪は収まっており、標高を低いところを中心に、一連の荒天の雪は沈降を進めつつあることが、確認されています。一方、西側のアメダス能生では過去12時間で55cm、過去24時間で70cmを超える量となっています。

天候 Weather

気象庁は上越地方に対し、北の風、後、南の風、雪、最高気温0℃(標高13m)を予報。また、1月10日2時41分、妙高市の山沿いに対し、継続で大雪警報(12時間最大降雪量60cm)を10日9時までの期間で発表しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-10℃(5時現在)、過去12時間の降雪量4cmです。

行動への助言

妙高山域の東側にて山に入り、標高を上げる方はストームスラブの形成に特に注意してください。大きく急な地形の場合、誘発の時点では小さい雪崩であっても、流下する際に規模が拡大することが、しばしばあります。本日はそうした状況ですので、雪崩危険度は下がってきていますが、地形選択は慎重に。また、自分の上方にある大きな発生区の存在や、小さい雪崩でも深く埋没する可能性のある「地形の罠」などに警戒してください。地形を上手に使ったグループマネジメントで良い一日を。