白馬 Hakuba

190113 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(12日)は、朝の時点で過去24時間以内の発生と思われるサイズ2-2.5の雪崩が、標高2600m付近のアルパインエリアで観察されています。それ以外に真新しい雪崩の発生報告はありません。

積雪 Snowpack

以前の荒天の雪(8日~9日)はさらに焼結と沈降を進め、11日未明からの降雪(10-15cm)の雪は、風の影響のない、日射の影響のない場所ではドライな良いコンディションにあります。11日の降雪で形成し反応していたウインドスラブも、昨日の時点で安定化の方向にあります。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、昼前から昼過ぎ晴れ、所により昼過ぎから雪、最高気温4℃(標高400m付近)を予報しています。昨晩からの降雪はありませんでした。白馬山麓にて気温-6.4℃(5時現在)です。

行動への助言

白馬連峰の稜線付近、ハイアルパインの局所に形成しているウインドスラブに注意してください。やや南西寄りの風が入ってきていますので、その風下側には昨日とは異なったウインドスラブの形成が疑われます。孤立した地形を避け、「地形の罠」のない斜面を選んでください。風と日射の影響のない、シンプルな地形を選べば、安全に快適な滑走が楽しめるコンディションです。良い一日を。