白馬 Hakuba

210131 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(1月30日)は森林帯にて、人的な刺激でsize 1-1.5のストームスラブの雪崩が発生していました。また、風の影響のないとても急な斜面でsize 1の点発生雪崩も発生しています。昨日は荒天のため、標高の高い場所での雪崩観察の報告は入っていません。

積雪 Snowpack

29日からの大量降雪は昨日の昼頃に一旦収まりましたが、Hakuba Valleyの北側では本日未明から朝にかけて、まだ多少の降雪となっています。荒天の降雪量は森林帯上部で80cmを越えており、それが極めて強い西寄りの風で移動しています。昨日は上部のリフトが運休になったスキー場もありました。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、後、晴れ、最高気温4℃(標高318m)を予報しています。アメダス白馬(標高703m)にて気温-0.9℃(5時現在)、過去12時間の降雪は2cmです。

行動への助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。標高の高いところでは、西から北西の強い風は、まだ残っており、その風によるウインドスラブに警戒が必要です。積雪の不安定性は場所によってかなり異なる状況です。「斜度を落とす」「凸状や孤立した地形など積雪が不安定になりやすい場所を避ける」といったことが有効な対処方法です。降雪から間もないため、大きな地形には、潜在的に大きな雪崩のポテンシャルが残っていることを忘れずに。動き出したスラブが小さくとも、急な大きな斜面では雪崩の規模が拡大しえます。地形を上手に使ったグループマネジメントで良い一日を。