白馬 Hakuba

210202 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

昨晩からの降雪によるスラブ

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪面発生雪崩 Wet slab

降雨となっている標高にて

概要

雪崩 Avalanche

昨日(2月1日)は森林帯上部にてsize 2.5のウインドスラブによる雪崩がありました。

積雪 Snowpack

昨日(2月1日)は昇温と日射により、森林限界以下の雪は急激に沈降を進め、とても急な斜面などでは人的な刺激で雪崩が発生していました。その後、降雨となりましたが、森林帯上部では昨晩からまとまった30cm以上の降雪となっています。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、雨か雪、昼前から、くもり、最高気温8℃(標高418m)を予報しています。アメダス白馬(標高703m)にて気温1℃(5時現在)です。

行動への助言

危険な雪崩コンディションです。標高がとても低いところでは降雨となっていますが、標高を上げると急激な降雪となっており、それによって形成したスラブに警戒が必要です。雪崩安全対策に最も有効な手段は「斜度を落とす」ことです。昨日、一昨日と発生している人的な誘発による雪崩は、とても急な斜面によるもので、そのキツい傾斜と形成したスラブとの特性で反応しています。地形をよく観察し、その形状やスラブの厚みと特徴などから、誘発しやすい場所を避けるようにしてください。また、視界不良時は、自分の上方にある大きな地形(発生区)に対する気づきが乏しくなりがちですので、それに対する警戒も忘れずに。原則的な行動様式によるグループマネジメントがとても大切です。