白馬 Hakuba

210203 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(2月2日)は荒天もあり、山岳域での雪崩発生の情報は入っていません。標高が低いところで、降雨の影響による濡れた雪によるsize 1-1.5の雪崩が発生していました。

積雪 Snowpack

昨日(2月2日)は標高の低いところでは降雨でしたが、森林帯上部では降雪となりました。日中、一時、降雪が弱まった時間もありましたが、1日夕方から今朝までの降雪量は50cmを超えており、それが強い西風の影響を受けて堆積しています。森林限界付近(標高2000m)までは以前の降雨による融解凍結クラストがあり、この上に直接、この新雪が載っている場所もありますし、乾いた旧雪の上に載っているところもあり、多様な状態です。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、南の風、日中、北の風、くもり、所により、雪、最高気温3℃(標高418m)を予報しています。アメダス白馬(標高703m)にて気温-2.9℃(5時現在)、過去12時間での積雪深差はありません。

行動への助言

危険な雪崩コンディションです。まとまった降雪で形成したスラブに注意が必要です。風による新雪の移動も激しく、積雪強度がバラつく状況ですので、地形形状とそれに対する風の影響を、よく観察しながら行動してください。風が谷筋を降りてくる際、支尾根の側面にもウインドスラブを形成させます。下支えのない場所にできているスラブに警戒を。そうした場所は「地形の罠」が組み合わさっていることが多いものです。