白馬 Hakuba

210211 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

ハイアルパインは暴風で降雪は飛散

概要

雪崩 Avalanche

昨日(2月10日)は、人的な誘発によるsize 1-2.5までのいろいろな規模の雪崩が発生していました。いずれも、孤立した下支えのない地形に形成したウインドスラブです。また、標高が低く、南を向いた極端な地形で、size 2の全層雪崩が観察されています。

積雪 Snowpack

極めて風の強い状態は継続しており、それをまともに受ける場所では、以前の硬い融解凍結面が露出していたり、シュカブラが形成しています。一方、風の影響のない場所では、ゆっくりと沈降を進めるドライな雪があり、良い滑走感を楽しめます。昨日は日射と昇温があり、標高の低い、南側では雪は緩みましたが、北側ではまだとても良い状態にあります。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、曇、後、晴れ、最高気温6℃を予報しています。アメダス白馬(標高703m)にて気温-1.4℃(5時現在)、過去12時間で11cmの積雪深差を観測しています。

行動への助言

昨日と同様の難しいコンディションが継続しています。標高が高いところでは極めて強い風が吹いており、それを避けて標高を下げると、取り扱い厄介なウインドスラブが形成しています。昨日は複数のウインドスラブの雪崩が発生しており、そこに今朝までの20cm以上の降雪が載っていますので、凸状や下支えのない孤立した場所を持つ地形では、潜在的に規模の大きな雪崩が発生しうるポテンシャルがあります。安全対策に最も有効な方法は、斜度を落とすこと、そして発生区や走路内などに、樹木などの障害物がない斜面を選ぶことです。また、地形の罠がないかの確認を忘れずに。規模の大きな雪崩が発生しうる日は、下山時に通過する沢状地形での行動に、特に注意してください。後方や側部の上部斜面で発生した雪崩が、そこにも流れ込む可能性があります。仲間とコミュニケーションを取りながら、賢いグループマネジメントで、良い一日を。