白馬 Hakuba

190116 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(16日)は真新しい雪崩の発生報告は入っていません。

積雪 Snowpack

日射を浴びる急斜面では融解凍結クラスト、日陰斜面では旧雪の上に昨晩からの降雪が載っています。昨日の時点で、表面霜の形成が報告されていますが、それが破壊されずに埋もれた範囲については不確実性が高い状況です。

天候 Weather

標高1250mにて過去12時間で17cm(6時現在)の降雪がありました。標高700mにて気温-0.8℃(6時現在)です。昨夕から未明までは、強い南西の風が吹き、未明から西に風向は変化しています。気象庁は長野県北部に対し、北の風、雪、昼過ぎから、くもり、後、晴れ、最高気温3℃(標高400m付近)を予報しています。

行動への助言

昨晩からの降雪で形成したストームスラブに警戒してください。このスラブは、硬い雪面、融解凍結クラスト、あるいは結合力の弱い雪など、多様な雪面状況の上に載っています。結果、積雪強度のバラツキが生まれやすい状況です。一つのデータやテストなどで判断をするのは避け、小さい地形で状況を確認しながら滑走を始めてください。どのような種類の雪崩があるにせよ、斜度を落とすことは、最も有効な安全対策です。視界の悪い時は、自分の上方に存在しうる雪崩発生区への警戒を怠らないでください。