妙高 Myoko

210216 06:15

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

アルパインは暴風

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

昨日の降雨でグライドクラックが拡大

概要

雪崩 Avalanche

昨日(2月15日)は標高が低いところで全層雪崩が観察されています。荒天のため、入山者がほぼいないため、標高の高いところでの情報はありません。

積雪 Snowpack

昨日(2月15日)は、森林帯では昼頃まで降雨となり、その後、弱い降雪へと変わりました。風も南西から西へと急激に変化しています。今朝までの24時間でアメダス関山にて約30mmの降水量となっており、標高の高いところでは20cm程度の降雪があったものとして考える必要があります。また、気温もあまり低下しておらず、標高の低いところでは全層雪崩の危険が継続しています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、強く、後、南西の風、やや強く、雪か雨、最高気温5℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-6℃(5時現在)、過去12時間で12cmの降雪がありました。

行動への助言

危険な雪崩コンディションです。極めて強い西風が上空では吹いており、やや高めの気温のまま降雪となっています。その量は多くはない模様ですが、こうした時は、雪がスラブが形成しやすく、また、滑り面となる旧雪の状態も、標高・方位で多様なため、安全な斜面を選ぶには経験が必要です。もっとも確実なのは、風の影響が弱い斜面で「斜度を落とす」ことです。風の影響が少なそうでも、凸状や孤立した地形形状では、いつもよりも誘発しやすいと考えてください。また、昨日の降雨の影響で標高の低いところでは、グライドクラックが拡大しています。沢底の穴も含めて、警戒してください。荒天は続く予報がでています。荒天時や風が強い時は、ヘリコプターを使った公的な救助は期待できないことを念頭に登山計画を。