妙高 Myoko

210218 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(2月17日)は森林帯にてsize 1の点発生雪崩が観察されました。これは比較的風の弱い状況で、短時間の多量降雪があったためです。標高の高い場所は、荒天のため、情報は入っていません。

積雪 Snowpack

15日からの降雪は、妙高山域の西側や北側の沿岸部で多い状態は続いており、森林帯にて降り始めから80-100cm程度となっています。15日の降雨の影響は標高1500m程度までの模様で、そのまでの標高帯においては、現時点では顕著な不安定性は観察されていません。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、やや強く、雪、最高気温2℃(標高13m)を予報しています。また、新潟地方気象台は、2月18日4時32分、妙高市の山沿いに対し、継続の形で朝9時までの期間で大雪警報(12時間最大降雪量60cm)、その後は大雪注意報を発表しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-11℃(6時現在)、過去12時間で35cmの降雪を観測しています。

行動への助言

妙高山域の西側では、とても危険な雪崩コンディションです。森林帯にいても、自分の上部に大きな発生区がないか、走路となる場所にいないか、などを考えてください。慎重なルート選択と保守的な意思決定が必要不可欠です。とても深い新雪は「地形の罠」の危険をより押し上げます。また、標高の低いところでは、今回の降雪がグライドクラックや沢底の穴などを隠している可能性を忘れずに。経験の浅い方は、スキー場内の管理された新雪を楽しむのに良い日です。