妙高 Myoko

210222 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪点発生雪崩 Wet Loose snow

日中の昇温と日射に留意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(2月21日)は、森林限界以下にてsize 1-1.5の濡れた雪の点発生雪崩や全層雪崩がいくつも観察されました。また、森林限界付近にて、雪庇崩落に伴うsize 2-2.5の雪崩が観察報告されています。

積雪 Snowpack

森林帯の積雪表層は、昇温と日射の影響で濡れるあるいは水が浮くほどの状態となりました。結果、積雪表層の強度が失われ、点発生雪崩が起きています。この高い気温は昨晩も継続しており、森林帯の標高の低いところでは、斜面方位を問わず、全層雪崩の危険性が高まっています。一方、標高の高いところでは、昨日の午前は風が残り、雪が移動していましたが、極端な地形などの局所に残る不安定性に注意すれば良い状態です。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、後、やや強く、晴れ、後、くもり、夜遅く、雨、最高気温17℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温5℃(5時現在)で、昨晩からプラス気温が継続しています。

行動への助言

高い気温が継続しており、昨日以上の昇温が予報されていますので、標高の低いところでは全層雪崩に警戒してください。既にグライドクラックが入っている場所には近づかないこと、また、そのような場所の下部を通過する際は、間隔を開けて、素早く移動する原則的な行動をお願いします。また、深い谷底を通過するルート設定は、その両壁の急峻な斜面からの雪崩の危険に、常に曝されていることを忘れずに。一方、標高を上げる方は、硬い斜面での滑落等に注意を。天気はゆっくりと下り坂です。良い一日を。