白馬 Hakuba

190117 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(16日)はとても急な斜面にてサイズ1の点発生雪崩が複数、観察されています。また、誘発によるサイズ1のストームスラブの雪崩が、森林帯上部の東斜面にて観察報告されています。

積雪 Snowpack

15日夕方から16日昼に掛けての降雪は、森林帯上部で30-40cm程度あり、昨日の時点では点発生雪崩や軟らかいスラブの雪崩を発生させています。昨晩からの新たな降雪はありませんが、標高の高いところでは、この雪を動かすに十分な強さの南西寄りの風が、昨晩から吹き続けているため、風下側にはウインドスラブの形成が疑われます。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、南の風、後、北の風、晴れ、後、くもり、夕方から雪、最高気温5℃(標高400m付近)を予報しています。過去12時間で新たな降雪はありません。白馬山麓(標高700m)にて気温-7.2℃(5時現在)です。

行動への助言

標高を上げる方は、特に、ウインドスラブに警戒してください。形成間もないウインドスラブは割れやすく、とても危険な存在です。登行しながら、周囲をよく観察し、昨日までの降雪がどこに移動し、スラブを形成しているか見抜いてください。孤立した地形や、小さい雪崩でも重大な結末をもたらす「地形の罠」を避け、積雪を支えやすいシンプルな地形を探してください。風の影響の弱い斜面であれば、ドライな良いコンディションの新雪が楽しめるでしょう。良い一日を。