白馬 Hakuba

210225 05:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair 孤立した地形に残る不安定な雪に注意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(2月24日)は、アルパインの南東斜面でsize 2.5、森林限界付近の東から南東斜面でsize 2の雪崩が自然発生していました。

積雪 Snowpack

荒天の雪は沈降を進めていますが、森林限界から上部では強い北西の風の影響で、ウインドスラブが形成しています。昨日の時点で、特定の場所で、人的な刺激でスラブが反応しており、本日も注意をする必要があります。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、晴れ、夕方から、くもり、最高気温7℃(標高418m)を予報しています。アメダス白馬(標高703m)にて気温-4.8℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

標高を上げる方は、稜線直下や支尾根に対して雪がクロスローディングする場所、あるいは大きな凸状や孤立した地形など、特定の地形に残る不安定なスラブに注意してください。また、その下方に「地形の罠」がないかの確認も。標高が高い場所では、強い風によって、以前の硬い旧雪面が露出しているところも多々あります。滑落などにも注意を払ってください。昨日から低温となっており、風の影響の弱いところでは、雪は良い状態です。雪崩の危険性が下がっていると感じても、地形を使った原則的なグループマネジメントは忘れずに。そうした行動の習慣づけが、万が一の時の事故を小さくし、被害を軽減します。良い一日を。