白馬 Hakuba

210227 05:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

森林帯上部の範囲まで注意

概要

雪崩 Avalanche

昨日(2月26日)は真新しい雪崩の観察報告は入っていません。

積雪 Snowpack

標高の低いところでは融解凍結した層、それ以外の場所では沈降した旧雪があります。旧雪は風の影響で叩かれて硬い、昇温と日射の影響で融解凍結している、あるい沈降したドライな雪と多様な状況です。こうした雪面状況の上に、白馬の谷の北側では、昨日から今朝にかけて弱い降雪があり、標高の高いところでは、極めて強い北西の風が吹いてます。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、昼前から晴れ、所により、朝まで雪、最高気温3℃(標高418m)を予報しています。アメダス白馬(標高703m)にて気温-3.4℃、過去12時間で新たな積雪はありません。

行動への助言

白馬の谷の北側、森林限界付近の斜面では、新たに形成したウインドスラブに注意してください。標高をやや上げた場所では多少の降雪があり、それが強い北西の風で移動しています。全体的な雪崩危険度は高くありませんが、昨日とは異なった状態の斜面がある、と考えてください。凸状や孤立した地形、あるいはクロスローディングする支尾根側面など、スラブが形成した後、不安定となりやすい場所を見極めるように。天気は快方の方向にあります。地形認識したグループマネジメントで良い一日を。