観察データ

観察データの使い方

羊蹄山BC

181231
日付と場所
投稿者 Observer Jun Ishiguro 石黒 淳
観察日付 Observation At 181231
投稿日時 Posted At 181231 16:18
エリア Range ニセコ Niseko
山岳 Mountain 羊蹄山BC
場所 Location 墓地
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 300m〜1300m
気温 Temp. -2.2(1200hrs / 1000m) 〜 -3.1(1315hrs / 1300m)
天気 Sky FEW 雲量1-3()
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:VRB
風コメント Wind Comments:1000mまでは強度C
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:正午ごろから日が差している中を粒径の大きいPPが降る
雪崩などの観察 Avalanche Observations 雪崩の観測、スキーカットでの顕著な結果、ワッフ音いずれもない
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack HS190 @550(+80) ,250@800(+110) カッコ内は1226比。MFcrとFCのコンビは↓150㎝付近にあり、全体が焼結を初めて強度を増す。標高1200mまでは積雪は下に向かって硬度を増す構造。1200mより上は表面20-30㎝が風の影響を受けてソフトスラブを形成している。このソフトスラブは下の雪との結合は良い。
Spin No
コメント Comments 1200mまではブッシュもほぼ埋まり快適に滑れるようになった。1300m以上は2-3mのダケカンバが生い茂るので、もう少し雪が必要。踏めば沈みこむソフトスラブに苦しめられ、ブッシュに行く先を阻まれたため1300mで行動を打ち切った。
動画URL Movie
総括