観察データ

観察データの使い方

朝里岳BC

190130
日付と場所
投稿者 Observer morris
観察日付 Observation At 190130
投稿日時 Posted At 190131 14:57
エリア Range 札幌 Sapporo
山岳 Mountain 朝里岳BC
場所 Location 朝里岳東面
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1099m〜629m
気温 Temp. -6.5(1200hrs / 1113m) 〜
天気 Sky BKN 雲量6-9(陽ざしはしばしばあり)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:北西の風が朝里岳(1280m 平坦な山模様)のなだらかな東面(1150mまで)飛雪状態(M)で吹いている
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 行動した範囲では確認なし
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 東面の樹林帯の行動、飛行場(通称・高度1200m台地)からのNWの風により、高度1100mあたりまでは飛雪状態で、ソフトスラブ・また小さなシュカブラなども見られる。1100m以下の東面は積雪表面から50~60cm程が低密度な積雪となっており、その下層は徐々にしまる正構造となっている。 @1113m HS>300cm PF75cm 顕著な層は見られない。
Spin No
コメント Comments 朝里岳南側に位置する大沢北面全体がシュカブラ模様に染まっている。 朝里岳沢には、まだ埋まり切っていない所が数か所あり。 東面利用度が高い。
動画URL Movie
総括