観察データ

観察データの使い方

三段山

191121
日付と場所
投稿者 Observer 藤井大志
観察日付 Observation At 191121
投稿日時 Posted At 191121 14:42
エリア Range 十勝岳 Tokachi-dake
山岳 Mountain 三段山
場所 Location 北西斜面
同行者 Co-worker 小松 弘幸
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1017m〜1350m
気温 Temp. -7.7(1112hrs / 1295m) 〜 -6.8(1005hrs / 1135m)
天気 Sky BKN 雲量6-9(日差しは無いがBTLの視界は良好。ALPは視界不良。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack @1300mより低標高でMFcrを観測。旧雪と新雪(PPsd、5mm、雲粒僅か)の結合に不安定性は感じない。 @1135mでHST25cm、PS15cm、HS125cm。MFcrはブレイカブルでPFは測定不能。 ALPではMFcrは観測されず、HSは風の影響で多様、這松は露出しスキーでも踏み抜く。
Spin No
コメント Comments BTLはレインクラストに新雪が載り比較的行動しやすく、笹は見えるが滑走は可能。 ALPは這松の露出が多く、沢もブッシュが多く見えた。 ALPは視界不良で限定的な行動。
動画URL Movie 動画あり
総括

ALPは積雪も少なく這松の隙間にスノーシューがはまる。滑走にも適さない。 笹地ではクラストに載ったドライパウダーの滑走を楽しみました。