観察データ

観察データの使い方

十勝岳

191122
日付と場所
投稿者 Observer 藤井大志
観察日付 Observation At 191122
投稿日時 Posted At 191122 19:36
エリア Range 十勝岳 Tokachi-dake
山岳 Mountain 十勝岳
場所 Location 北西斜面
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 937m〜1622m
気温 Temp. -7.7(1123hrs / 1622m) 〜 -2.2(1301hrs / 937m)
天気 Sky CLR 雲量0(午前中はピークに僅かに雲がかかる、風も弱く気温は低いが体感は温かい。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 日射と昇温でHSTは圧密沈降が進む。スキーカットで旧雪面との境界での反応は無い。DF(4F~1F)はSWの風で東向きの斜面に移動する。旧雪面は標高に比例し1F~Kと強度を増す。
Spin No
コメント Comments 作業道と東向きの斜面では概ね岩は隠れた。低標高のHSTは風の影響は少なく午前中は低密度を保つ。 標高を上げた旧雪面は硬くしまり、滑落に注意が必要。
動画URL Movie 動画あり
総括

視界は良好で@2000m付近を視認したがソフトスノーは無さそうであった。低標高は風の影響は少なく快適な滑走を楽しめた。@970mでヒグマのフットペンが深さ15cm、この時期とこの標高では珍しくとても驚いた。