観察データ

観察データの使い方

妙高山

200109
日付と場所
投稿者 Observer 稲垣 力
観察日付 Observation At 200109
投稿日時 Posted At 200109 19:15
エリア Range 妙高・戸隠 Myoko/Togakushi
山岳 Mountain 妙高山
場所 Location 赤倉山
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1440m〜1590m
気温 Temp. -1.7(0945hrs / 1440m) 〜
天気 Sky BKN 雲量6-9(朝は雲に覆われていたが、徐々に薄日が差し、青空が見えた。)
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:朝はS1、標高1000m付近より下は地表面が濡れない程度の雨。時間とともに弱くなり、夕方には降りやむ。
雪崩などの観察 Avalanche Observations 無し。スキーカットは適した斜面が無く実施自体していない。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 昨日からの降雪10㎝が0108の雨による融解凍結層に載る。この融解凍結層(厚み2cmほど)はツボ足で容易に踏み抜け、さらに下はモイストなザラメ雪となっている。靴底貫入30cm。融解水は地面付近まで浸透している。日中の昇温と日射により、積雪表面のスラブ化が進んだ。標高1450mにて積雪深70cm。
Spin No
コメント Comments 樹林帯は藪の露出が多いため、林道沿いの限定的な観察。林道法面の開放急斜面からの全層雪崩に留意して行動した。僅かな滑走ではありましたが、雨後の硬すぎない融解凍結層の上に密度の高い新雪という組み合わせで、底付き感は皆無でした。
動画URL Movie
総括