観察データ

観察データの使い方

神楽ヶ峰

200113
日付と場所
投稿者 Observer 長井里奈
観察日付 Observation At 200113
投稿日時 Posted At 200113 22:27
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 神楽ヶ峰
場所 Location かぐらBC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1560m〜2000m
気温 Temp. -5.2(1300hrs / 2000m) 〜 -1.7(0920hrs / 1840m)
天気 Sky OVC 雲量10(一時的に薄日)
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:ほんの一時的に稜線近くでM,Sの風。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S2
降水コメント Precip. Comments:強弱や止む時間もあった
雪崩などの観察 Avalanche Observations 1980mNE面支尾根直下でシューティングクラック、Scでウィンドスラブ深さ40cmDFで破断。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 0109MFcrの上に30cm、その上にここ2日間のHSTが平均的に15cm程度載っている。昨日午後から降り出した積雪表面5-10cmは結束性がなく、スラフとなる。ソフトスラブ化しているのは局所的。また一昨日までの南風で再配分されたウィンドスラブが支尾根直下に形成されており、人の刺激にアクティブに反応する。
Spin No
コメント Comments 昨日N向きで観察された0111SHは、1750mでは見つからなかった。それ以上では未確認。
動画URL Movie
総括

同じエリアでも隣り合わせの斜面の違いだけで天候が異なる1日だった。