観察データ

観察データの使い方

岩木山

200124
日付と場所
投稿者 Observer 野高健司
観察日付 Observation At 200124
投稿日時 Posted At 200124 15:20
エリア Range 八甲田 Hakkoda
山岳 Mountain 岩木山
場所 Location 北面
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 395m〜930m
気温 Temp. -8.1(1224hrs / 930m) 〜 1.2(0721hrs / 395m)
天気 Sky OVC 雲量10(13時以降は時折BKN)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:N
風コメント Wind Comments:朝(0721)定点観測時はL,SWだったが、しだいにNW~Nになった。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:朝(0721)の定点観測時はNil。@930mでの観測時はS-1だったが、行動中は時折S1~S2。定点観測後、一気に降り積もってきた。
雪崩などの観察 Avalanche Observations ストームスラブ(自然発生)サイズ1~1.5全方位・急斜面で多数。全方位、急斜面ではScによりサイズ1~1.5。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack @930m北面での観測。HS235cm、FP50cm。MFcrは↓85cmに埋没。その上にしまり雪(硬度1F)、こしまり雪(硬度4F)、新雪(硬度F)が載る。この中には複数のウィークインターフェイスが存在。↓15cmストームスラブが全方位で発達し、斜度が上がると方位に関係なく敏感に反応し、伝播性が非常に高い。随所でクラックが走る。
Spin No
コメント Comments 樹林帯のみの行動だったが、全方位でストームスラブの反応が過敏で伝播性が高く、地形と斜度に注意した行動、リスクマネジメントが求められる。夕方から明日にかけて降雪の予報。明日も、同様のリスクが想定される。
動画URL Movie
総括

樹林帯のみの限定的な観測。