観察データ

観察データの使い方

岩木山

200128
日付と場所
投稿者 Observer 野高健司
観察日付 Observation At 200128
投稿日時 Posted At 200128 18:44
エリア Range 八甲田 Hakkoda
山岳 Mountain 岩木山
場所 Location 北西面
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 395m〜1249m
気温 Temp. -3.2(0715hrs / 395m) 〜 -1.0(1401hrs / 915m)
天気 Sky OVC 雲量10(午前中はBRKで時折日が差した。)
風 Wind 風速 Wind Speed:S 12-17m/s
風向 Wind Direction:E
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:夕刻(1600頃)より雨が降り出した。(@400m)
雪崩などの観察 Avalanche Observations 西法寺森北東面@1150m付近でサイズ2の雪崩を観察(ウインドスラブによるものと思われる。)
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 北西面@915mでの観測。HS140cm、FP30cm。
Spin No
コメント Comments 昨晩からの強い東風により、森林限界付近から上はウインドスラブの形成が著しい。上記の雪崩(西法寺森北東面、写真を添付)は真新しく、このウインドスラブによるものと思われる。厳冬期、北に派生する尾根上は、通常東側に雪庇が発達するが、今シーズンはもともと雪庇がほとんど形成されていないこともあって、強い東風により、反対側(西側)に雪庇が出来ているところもあった。前日(200127)までは森林限界から上もパウダーだったが、今日はシュカブラの発達、ウインドスラブの形成、風による切削等の影響を受けて、手ごわい雪になった。
動画URL Movie
総括