観察データ

観察データの使い方

神楽が峰

200130
日付と場所
投稿者 Observer 飯田千香子
観察日付 Observation At 200130
投稿日時 Posted At 200130 20:04
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 神楽が峰
場所 Location かぐらBC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1350m〜1950m
気温 Temp. -1.8(1030hrs / 1850m) 〜 -1.4(1130hrs / 1950m)
天気 Sky BKN 雲量6-9(朝はCLRだったが10時頃より雲に覆われた)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:11時までNil 11時以降時折雪が降り標高900mでは雨
雪崩などの観察 Avalanche Observations
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 標高1900mでは積雪面下1m内に2つの融解凍結クラスト層を確認。上層の融解凍結クラスト層5cmは昨日の降雨による層。クラスト層の上にHST10cm程度が積もっている。2つの融解凍結層の間には1Fの旧雪が15cm。下層の融解凍結クラスト層内には再結晶化された雪がありボロボロとした層で結合は強くない。北斜面の新たな新雪はドライな状態で保たれていた。HS225cm
Spin No
コメント Comments 尾根上は5-10cm厚みのもなか雪となっており滑りにくい。標高1600m以下ではところにより藪も多く沢穴も多数あり。滑走には十分な注意が必要です。
動画URL Movie
総括