観察データ

観察データの使い方

白馬乗鞍岳

200201
日付と場所
投稿者 Observer 黒田 誠
観察日付 Observation At 200201
投稿日時 Posted At 200201 15:23
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 白馬乗鞍岳
場所 Location 天狗原
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1570m〜2100m
気温 Temp. -6.3(1130hrs / 2100m) 〜 -3.7(0920hrs / 1570m)
天気 Sky BKN 雲量6-9(北アルプス主稜線は雲の中にあり、稜線から離れれば、雲の外に出る。日射の影響は感じられる雲の厚み。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 2000-2100m南東斜面でScおよびSaサイズ1面発生各1。風の影響の強い斜面では、スキーヤーの刺激でクラックが幾層に分かれて走る。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 平均的にHSTは30cm程度で、緩やかに沈降が進んでいる。風で再分配がすすみ、部分的に0130MFcr(硬度K、厚み5cm)が露出し,風下側斜面には硬度4F~1Fのウインドスラブが形成されている。
Spin No
コメント Comments 週末で人が多いが、お互いを思いやった行動をしたい。 そのためには、基本的な行動原則が共有化されてないと・・・・・と思いました。
動画URL Movie
総括

標高が下がると急に積雪量が減る