観察データ

観察データの使い方

八甲田山

200206
日付と場所
投稿者 Observer 服巻辰則
観察日付 Observation At 200206
投稿日時 Posted At 200206 20:22
エリア Range 八甲田 Hakkoda
山岳 Mountain 八甲田山
場所 Location 北八甲田
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 665m〜1310m
気温 Temp.
天気 Sky OVC 雲量10(田茂萢岳山頂部は始終雲の中。山麓部には薄日が差す時間帯もあった。)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:N
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:時々止んだりS1の降雪になる。15時半頃からS2〜3の強度となる。
雪崩などの観察 Avalanche Observations 雪崩の観察はない。ただし、視界不良により、限定的な観察。 風の影響のある場所では、シューティングクラックがでる。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 昨日からの降雪は50〜70cmの積雪となり、内部には積雪粒子による脆弱性が複数存在する。 風の影響のある場所では、ウインドスラブが形成され、シューティングクラックがでる。 0131の降雨によるとみられる氷板周辺の雪温差は解消されており、氷板上下の結合は良い。
Spin No Yes(2932)
コメント Comments 大量降雪による行動制限と視界不良により限定的な観察。
動画URL Movie
総括

新雪が深く、緩斜面では深いラッセルとなる。滑走斜面後の戻るラインの状況も考えて行動を。