観察データ

観察データの使い方

志賀高原

200207
日付と場所
投稿者 Observer 稲垣 力
観察日付 Observation At 200207
投稿日時 Posted At 200207 17:04
エリア Range 志賀高原 Shigakogen
山岳 Mountain 志賀高原
場所 Location 渋峠
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 2150m〜1850m
気温 Temp. -5.7(1200hrs / 1950m) 〜
天気 Sky CLR 雲量0()
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:稜線では西からの弱風があるが、雪の移動はほとんど無し
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 標高2000m南東向き急斜面にて24時間以内に発生と思われるスラフ、圧雪車による雪の塊が誘発したように見受けられる。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 積雪表面~表層は北西からの風の影響を受けてスラブ化しているが、本日の日射によりさらに沈降が進む。吹払い箇所では融解凍結クラストが露出している。靴底貫入35cm、スキーによる貫入15cm@主稜線から降りた風の影響を受けない平地にて。
Spin No
コメント Comments 急斜面を避けた午前中のみの行動。日照面でも吹払い箇所を避ければ、板が沈み過ぎないパウダーの滑走を楽しめました。斜面利用度は少なめ。
動画URL Movie
総括